スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい

2008年11月28日


家の中がちと色々とごたごたしておりまして。

今朝は結構なピークを迎えてまして

ちょいちょい号泣してる次第でございます。














そんな時はふと



「まりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・・おかあさん辛いよぉぉぉぉぉぉぉ」




と、もう彼是10年前に亡くなった愛猫を呼んでしまいます。





何か悲しい事があると、そっとそばによってきて
ずっと膝の上に居てくれて
泣いてると、前足でアゴをちょいちょいっと触ってきて
鼻チューをしてくれる。

アタシの気持ちが一番わかってくれてそうだったのはマリちゃんでした。

猫達の中でもボス的な役割をしてくれてました。

亡くなってしまった時は

「きっとアタシが心配ばっかりかけたからだ・・・」
って毎日泣き暮らしてました。
でも、アタシが泣くといっつも心配してたマリ。
なるべく泣かないように頑張る事が供養なのかな。って思うようにしました。





でもやっぱりマリちゃん。
こんなときはおかあさんのそばにいて欲しいよ。
ダメだよ。この黒いのは。
くっついてるのは寒いからってだけなのがバレバレだもの。














とりあえずストーブに灯油いれないと・・・。
手がかじかんできたしね・・・。
そりゃ寒いって・・・・・。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。