スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気です

2008年10月21日
先週の金曜日。
長年連れ添った愛猫<ゆり>が虹の橋へと逝ってしまいました。
(虹の橋のお話はコチラ



普段、居間には入れないようにしてたので
(犬が吠えるので)
未だに実感がわいてません。

なんとなく家のどこかにいるような。
でも一歩、部屋の外に出るといない事を思い知らされ。


廊下に出れば猫トイレ。
洗面所や階段には餌場と水場。

そしてトイレ(人間用)


我が家の猫達は皆トイレフリークだったので
この16年間トイレのドアを閉めて用を足したことは数えるほどしかなく。
(閉めると開けるまでドアをカリカリ)

便座に腰をおろしながら
「あぁ・・もう開けとかなくていいのか・・」
なんて物思いにふけり。


・・・・今更閉める気もないんですけどね。ドア。(閉めろよ)




逝くときの様子など、詳しい事は「mixi」で書いたのですが。
落ち込むアタクシにマイミクさん達が優しくコメントしてくれたりして。

この場を借りてお礼を言わせていただきたい。





本当にありがとう。

アタシの愉快な仲間達!


ありがたやありがたや。








実は。
愛猫達の骨。4骨壷。
家にずっとおいてあるんです。
本当はお墓に入れてあげたりと供養してあげなきゃいけないんでしょうけども。
どうしても手放す気がしなくて。
それに。
もし霊園にお願いしたとして
自分がそこに御参りに行くか?と考えると
「きっと行かない」に100万ルピー。
御参りに行く。という事は
その子達の死を受け入れ、向き合って、出向いて、参って・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・。無理。

家には写真も飾ってない。
ただ、普段ふと目の行くような場所に骨壷をおいてます。
思い出す。というより 気に留める 感じですかね。
それが自分の今の精一杯。
骨壷があれば一緒にいられる気がしてるんですよね。


金曜日、火葬してもらうために業者をネットで探していたのですが。
最近はペットの供養の為のものがどえりゃーあるんですね。
プチ仏壇やら。素敵骨壷。を入れる素敵袋。だの。
中でも気になったのが 

「お骨を入れられるキーホルダー」

ペンダントとかもあったんですがね。ヘッドのところにお骨を少々。とか。
いやぁ。ビックリ。10年前なんざそんなもんカケラもありませんでしたもの。


でもねぇ・・・・。
ちょっと考えてみたんですよ。
骨壷から骨を少々入れて。
キーホルダーを4つ。
残りのお骨は霊園へ。
・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・。無理。

無理。少なくとも今は無理。
手放せない。一かけらたりとも手放せない。んー強欲。

取り合えず旦那さんには

「アタシが先に死んだら必ず全部一緒に入れてくれ。」

と頼んでありますがね。








猫飼いの皆様。
猫は手遅れになる間際まで予兆を見せません。
決め手は体重。体重が減り始めたら危険です。
別にデブ猫万歳なわではございませんが。
食事量が変わってないのに体重が減るのは危険です。
そして保険。ペット保険に入りましょう。
いざと言う時、自腹をきれないと病院から足が遠のきますから。
「払っても返ってくる」 あぁなんて心強い言葉。

犬達にはガッツリ保険をかけています。
チョコさんに至っては2社入っております。
いざと言う時には100%保障です。
ショップに勧められるまま、たまたまだったのですがね。
今は助かっております。
(結石だら。膀胱炎だら。アレルギーだら。血便だらだらいらま。)
生まれてくるチビ共も入れるつもりです。
3000円×4匹。月12,000円の安心です。



愉快な仲間共。
おかげ様で、本当におかげ様でアタシは元気です。

ありがとさ~ん。でした。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。